読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダブルベッドの選び方

引っ越しに備えて、ダブル・ベッドを探してきました。

ニトリIKEA、大塚家具と、実際の店舗を見て回ったはいいものの、
ピンとくるものはなく、結局ネット通販で買うことに・・・

 

ネットで探しだしたら、実店舗で見たものの何十倍も種類があって、
正直、選択肢の数は比べ物になりませんでした。

やっぱり、実店舗で見てから買いたい!という思いはあったものの、
それは、「実物を見るため」という価値であって、
その中から選びたいかというと、そうじゃなかったんですね。

ぶっちゃけ、実店舗は値段の相場と商品の質のイメージをつかむため、
だけのために行ったことになります。

 

もちろんピンキリではありますが、ダブルベッドについて言えば、
チープさ(すぐハゲる、壊れるなど)を超えるランクとしては、
フレームでだいたい5万円以上、マットレスは5~10万程度、
という感覚になりました。

合計10~15万円程度かなー、と思っています。

 

と思ったのですが、
みなさん、家具とか服とか買うときの予算って、どうしてるんでしょう?

僕は、相場観が無い中で予算なんて組み立てられないから、
とりあえず行ってみて見てみるのですが、
定員さんにはよく、予算の金額を聞かれます。

もちろん、マックスの金額は頭にはあるのかもしれないですが、
そうじゃなくて、他のものとのバランスが合ったものが欲しいんですよね。

偏差値で言うと、自分の中のランク付けで、
偏差値40、50、60があり、他のものが例えば偏差値50レベルだったら、
偏差値50レベルものか、55レベルが欲しいんですよ。

60はたとえ予算内だったとしても、主観値が高いんですよ。

もちろん、割安なら購入するのでしょうが、
主観的な偏差値には料金も考慮されるので、
割安商品はそのぶん主観的偏差値が下がります。

統計学的には主観的偏差値なんてないのですが、
100点満点の点数よりはイメージがつかみやすいと思って使ってます)

予算に収まるものが欲しいのではなくて、
自分が思う平均のちょっと上程度が、欲しいんですよ。
それか、最高峰(と自分で感じられる)のものですね。

それ以外の中途半端なものは買えません。

だから、「自分のなか」で平均より少し上のランクのものを、
掘り出し物として買うんでしょうね。

 

予算よりも、自分が欲しいもののランクを伝えられたほうが、
定員さんも良いアドバイスができるなじゃないかなー
それもなかなか難しいんだけど、素直に予算を言うよりはいいでしょ。

 

今日探してて思ったことでした。
それではまた。