読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結物語 感想

西尾維新さんの本の中で、一番好きな物語シリーズの最新刊を読みました。

結物語 (講談社BOX)

結物語 (講談社BOX)

 

本編の主人子の阿良々木暦が、23歳になって、警部補として働き出した話でした。

そもそも誰が主人公の物語なのか、というほど、
物語シリーズは様々な視点から書かれているのですが。

考え方のバランスが、程よく理想論、といいますか、登場人物ごとの考えの振れ幅が面白いです。

登場人物の中には極端な考え方もキャラも出てくるんですけれど、
ちゃんとバランスをとって、妥当な結論を示されているというか、

多様な考え方を受け止めたうえで、それぞれの生き方を尊重する感覚ですね。

 

今回考えたのは、過去との決別の仕方、でした。

例えば、かつては仲の良かった同級生との関係、
何かと仲たがいはしたけれど、関係が生じてしまう関係、
別れては。離れたくないとまた付き合う関係、

いろいろな人間関係がありますが、
普段接する以外の関係は、自分が構築した特別な関係なんだな、
と思いました。

学校や職場があり、
定期的に集まることが確約されているからこそ、
「普通の」「通常の」「平時の」人間関係があるのであって、

それ以外の人と会ってコミュニケーションを取ろうとしたら、
「偶然」か「意図的」しかありえないのだと。

では、大人になってから、「意図的に」誰かと会おうとしていたかな、
というと、そうではなくて、きっかけを常に「求めている」立場にいました。

物語では偶然出会えるのですが、現実は「必然」でしか出会いは生まれません。

出会ったうえの話は、昔話に花を咲かせるのもいいですが、
将来の構想を話しているのが、郷愁を感じつつも、
将来を生きる上で役立つ会話になるのだなぁ、と感じました。

オフシーズンの最後、きれいに収まりすぎて感涙でした。