読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電気ストーブ elite の故障時の対応

電気ストーブが壊れた。
今日の夜、急に。

スイッチを切ったと思って、しばらく放置していたら、
「チリチリチリ、」という音と、甘い香りがした。

ストーブは赤くはなってなかったけれど、
明らかにストーブから音がしていた。

熱をもって、甘い香りを放っていた。

おそらく、プラスチックの部分が溶けていってたんだろう。

慌ててスイッチを「切る」に回しても、
接触が悪くてどうしようもない。

「ヤバい!!どうしよう!!」
と思ったけれど、数秒経って、コンセントを引っこ抜くことに成功した。

甘い香りはしばらく続いたけれど、
換気をしたから、たぶん大丈夫。

有毒物質だとしても、体に影響を与えるレベルでは吸っていないはずだ。

 

それにしても、スイッチの接触が悪くなるって、
なかなか致命的な欠陥だと思ったのだけれど、
Webにはそんな記事は書かれてなかった。

長年使ってたから、まぁ、壊れるのは仕方がないことなんだけれど、
壊れ方として、惨事にならないようにしてほしいものだ。

確か購入は6~7年前。
製品名は、ESS-K815。

数千円と、安かった記憶がある。

大事にはならなかったからよかったけれど、
品質が高い製品を買うようにしよう。

そう自省した週末でした。

 

では、おやすみなさい。