読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙殺された日々と同窓会

今週はレポートの提出でかなり遅い日が多かった。

日記も滞ってしまった。

帰って寝るだけは悔しいので、huluでドラマは見てから寝ていたけれど、書いたり勉強する気にならなかった。

 

で、レポート提出後はまったり。

同窓会があったから、久しぶりに同期たちと会った。

みんな変わらないなぁ、といいつつも、確実に時は過ぎてる、と感じた。

結婚した同期も増えてきた。

懐かしいメンバーで集まると、旧知だからか、なんなのか、楽しい。

自分が掘りかえした知識を相手も知っている、ということが、嬉しいからだろうか?

 

バックグラウンドが似た人と話したいのも、未知を恐れることと、既知を確かめ合うためなのかもしれない。

 

優秀な人は、既知な領域が広いから、幅広い人と会話できるんだろうな。

既知が8割の中に未知が2割程度ある塩梅が、興味深いし、話のネタになりやすい感覚。

噂とかもそうで、どこの誰かわからない人の話は面白くないけれど、知ってる人の未知の領域を知るのはとても楽しい。

 

既知の中に未知がある会話が楽しいんだな。