読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早起きの月曜日

報告会やらなにやらで早起き。
そして10時過ぎに会社を出て帰ってきた。

早起きで生産性が上がったような気もするけれど、
時間あたりの生産性はそんなに高くなかったな。

朝早起きの自己満になっただけ。

やはり、生産性は大事。
考える時間はなるだけ少なく、
より良い品質のアウトプットを作成するのがいい。

そのために、眠い時には寝ること。

眠くなくても、集中できないときには、
瞑想すること。

瞑想の良さは体験すればわかるのだけれど、
実際に活用できるかはまた別だな。

いつも忘れてる。

瞑想の方法は、目をつむり、深呼吸をしながら、
頭の中では数字を数えるだけにする。

ただそれだけ、でも、非常に難しい。
いろんなことを「自然と考えてしまう」から。

いろんなことを考えてしまうのは、
集中できてないということ。

現実に直面してなくて、自分の空想の中に生きている状態。 
空想から解き放たれるために瞑想が効果的なのは不思議だけれど、
3分、呼吸数だけを考えて過ごすのが、いかに難しいことか。。

詳細はこの本に書かれてた。参考まで。

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

 

 

悩みで一歩を踏み出せないときは、
現実に直面するのが効果的だ。

今の僕にとって、仕事はその最たるもので、
いかに眠たくても、午前中に起きて会社に向かう生活をしている。

常に休みだったら、1日中面白くもない動画を延々と見てしまう。
生ける屍化してしまっていただろう。

 

仕事が辛くて仕方ないときは、逃げて別のことをすればいいけれど、
楽しい仕事に打ち込むのはいいことだ。

辛い仕事で、将来の希望もない状態は、
奴隷としての人生を歩むことになるから、
一刻も早く逃げるべきだ。

でも、ノーストレスの仕事なんて存在しなくて、
楽しい:ストレスが、8:2程度がちょうどいいんじゃないかと思う。

ストレスが3割を超えてきたら、他の選択肢も考えようかな。
5割以上がストレスになったら、さっさと別の選択肢を試そう。

 

今は自分の生活に満足しているけれど、
年齢とか環境とか、いろいろな要素で満足度は変わっていくから。

とりあえず、今を楽しめるなら、目いっぱい楽しもう。

集中が必要な時は、睡眠か瞑想を。

では、おやすみなさい