契約書は人間を動かすプログラムだ

スマホの購入、アプリのインストール、住宅の賃貸などなどの際に、
利用規約やら契約やら、やたらと長い文章に合意させられますよね。

どこに重要なことが書いているのか、パッとみてわかる人はほとんどいないと思いますし、
「よくわからないけれど、騙されはしないだろう」
と楽観して承諾している人が大半でしょう。僕もその一人です。

なんで契約ってわかりにくいんでしょう??

 

最近、仕事で契約書のドラフトを作る業務があり、
久しぶりに契約書を準備しました。

 

僕の勤め先では契約書のフォーマットがあるのですが、
「この仕事の場合はこの条文を入れる」などの説明はあるものの、
いまいち全体像がわからないまま作っちゃってます。

そして法務からレビューを受けて修正され、
相手先からも修正要望が入り、それらを調整したらようやく締結です。

面倒な理由の一つとして、契約書って一つの条文だけを読んでも、それだけで意味がわかるようになってないことが挙げられます。

例えば、「Aの場合はBとする」と書かれた条文があるかと思えば、別の条文で、
「第⚪︎条(さっきの条文)に関わらず、Cの場合は、Aの場合であってもDとする。」
といった例外条件があったり、
他の場所で定義された言葉がそのまま使われていたり、
一つの条文で言っていることが全てじゃないのがやっかいです。

また、第二の理由として、「もし取引先が破綻したら、、、」などの、
万が一の場合に備えた条項をどこまで必要なのか、という問題があります。
「相手が破綻した場合」などを書いて、相手の心証が悪くなることもあるでしょうし、
かといって、何も書かないのもリスクになるので、判断が難しいです。

 

面倒なことには変わりないのですが、
「契約書は人間を動かすプログラム」だと気付いて、
プログラミングは面倒だもんなぁ、と納得しました。

コンピュータを動かすためのソースコードが書かれるように、
人間を動かすためのソースコードとして、契約書が書かれているイメージです。

 

契約書がコンピュータ言語に似ている点は大きく3つです。 

①言葉(変数)を一度定義して、その言葉を使うことで、言葉の定義変更に柔軟に対応できる点
よく第2条あたりで、言葉の定義欄があって、その言葉で条文が書かれていきますよね。また、条文内で言葉を定義して、別の条文で、定義した条文番号を示して引用する形式もたまに見ます。

プログラミングで、"var i as integer; i = 10" なんて定義してから使うのと同じだなと思います。

 

②通常運用時だけでなく、エラーが起きた場合のことを多く記載する点

プログラミングでは、通常想定されている動作からハズレた場合にエラーを出すため、
ある程度エラーが起きそうな場面を想定して、「その場合にはこうする」
といったプログラムを書きます。

契約書でも同じように、異常な事態が生じた場合の対応が一定程度書かれています。
リスクが高い状態が想定されるなら、その場合の対応を記載するのは当然でしょう。 

書いていないと、万が一その状態となった際に、被害が広がる一方になります。

 

③具体的に、いつ誰が何をどのようにやるか、指示が明確な点

契約書には、甲乙の主語が最初に定義されて、
「甲が●●した場合、乙はxxをする。」
など、主語と動詞が明確に対応している文章が多いです。

また、お金のやりとりが発生する場合には、振込先、振込期日、金額の決め方など、
契約上細かく定義されているのが通常です。

契約に書かれた指示に従って、将来人間が動くことになります。

 

プログラムによってコンピュータを動かすように、
契約書によって、特定の人間を動かすことで、仕事が回るのです。

契約書を締結しなきゃ、例えばある仕事をしたとしても、
その仕事に対する料金が振り込まれなかったりすることがありえます。
口約束も契約ですが、言った言わないの証明が困難ですし、
現代では「契約書」による取引が一般化しています。

音声保存での契約でも良いんじゃないか?とも思うのですが、
やはり、紙の文章のほうが、網羅的に、異常事態が生じた場合の定義ができますし、
口約束は言い間違いも生じやすいので、紙の契約が勝るのでしょう。

特にB2Bの仕事の場合ですが、契約書は契約相手を動かすためのプログラムなので、
面倒臭がらずにちゃんと作りましょう。
というお話でした。

それではまた。

 

 

読書感想:生涯投資家

僕の村上ファンドのイメージは、
・とにかく役員に敵対的なうるさい株主
・目先の株価しか考えない会社の敵
・配当や自己株買いをむやみに要求するハゲタカ・ファンド
といったものでした。

でも、この本を読み進めると「会社は誰のものか」という問いが芽生え、
最終的に「株主のものである」という結論に至りました。

生涯投資家

生涯投資家

 

僕は、会社は社長を中心とした経営者の指示のもと、
従業員が中心となって運営されるものと思っています。
だから、「株主のための経営」という言葉に強い違和感を持っていました。

僕が接してる相手はたいてい従業員だからそう思うのかもしれませんが、
会社としては1円も儲からない株主への説明資料を作るために、
何人もが工数を割かれています。
それでいて、会社に対して利益の向上を求める株主ってなんなんだろう?
多数の株主がいるからこそコストがかかっているのに、コストカットを要求するなんて、どの口が言うんだろう?

そう思っていました。

 

でも、それは上場企業だからこそのコストであって、
非上場で経営者が過半数の株式を保有している場合には関係ないんですね。

 

村上さんの主張は、上場している会社の株式は誰でも買えるのだから、
会社は社会の公器として、株主の利益向上を目指すべきとのことです。
上場しているにもかかわらず、経営者が会社を食いつぶしている会社は是正しなければならない、という理念です。

 

だから、村上さんの投資先は、経営者が会社の利益を考えず、会社を私物化している先とのことです。
合理的な理由なく、簿価に比べて高い時価となっている不動産を持っていたり、
事業に関連しない債券投資をしたりしている会社には容赦なく、株主としての権利を主張してます。
事業会社が余ったお金を関係ない先に投資するくらいなら、
配当や自己株買いで株主に還元するべきということです。

確かに、株主は投資家が本業なのですから、
企業が事業のついでに、余り金を投資するような状況よりも、
投資家に還元したほうが良いように思えます。

 

企業は経営者と従業員によって運営されてますが、権力は経営者が持っています。

だから、経営者の監督者がいなければ、経営者が会社のお金も従業員の給料も好きなように決定できます。

そこで、経営者を監督する役割を持つのが株主です。

例えば、東芝東芝メモリの株式を100%持っているから、東芝メモリの経営に口出しできます。また、ウェスティングハウスの株式も過半数持っているから、東芝ウェスティングハウスを所有していることになります。

株主が1人とか少数なら、「株主が会社を所有している」と言われて、しっくりきます。

 

でも、上場企業では、不特定多数の株主が経営者の上にいます。しかも、お金を出せば誰でも株を買えます。

誰でも買えるように売り出されているのが、上場会社なんですね。

直感的には、不特定多数の株主が会社を持っている状態がイメージしにくいから、会社は実際に運営している経営者と従業員のもの、と言いたくなります。

でも、特定でも不特定でも、株主は株主なので、上場会社の株主も理論上会社の所有者です。

 

上場会社は、誰でも所有者になっていいよ、と株主が売り出した会社なんですね。

でも、一人一人の株主の権力(=議決権)が小さくなるから、権力のバランスが経営者に傾くんです。

それでも、経営者が企業価値を高めるために活動していたら問題ないです。

でも、株価が、企業の持ってる現金や不動産の価値よりも低い状態、すなわち、企業価値が今持っている資産(借入を返済したベース)よりも小さく評価されている場合は、経営者が企業価値をマイナスにしているということです。

 

上場会社がその状況なら、本来の企業価値まで株価を回復させるよう要求する株主が出てきてもおかしくないです。

子会社なら親会社から収益を上げるよう言われるように、上場会社は株主から株価を上げるよう言われるわけですから。

 

株価の決定要因が業績と財産だけでないのが肝のところです。

業績と財産だけで評価した株価から、著しく高い株もあれば、低い株もあります。たいていの企業の株価は、将来の期待値を込みで、業績と財産以上の株価がついています。、

にもかかわらず、業績と財産で評価した株価より低い株は取引所から忘れられているのでしょうか?

「4699 ウチダエスコ」に僕は注目していますが、現金残高と株価がほぼイコールなんです。利益は継続して出していて、借入はほぼありません。こういう株が、四季報を見てるとたまーにあるんですよ。何なんだこの株は?真っ当に評価されたらすごいんじゃないか?と思うわけです。

そういった株が注目されて、本来の価値で取引されるよう、議決権を使う株主がいるほうが、株式市場として健全じゃないですか?

企業価値が低く評価されたまま影の優良企業と言われるのではなく、上場しているのなら、表の優良企業であってしかるべきなんじゃないですか?

 

村上さんの本を読んで、上場企業としてのあり方を考えると同時に、上場の意義にも考えがおよびました。

 

上場企業とは、表の会社です。株式は誰もが買えて、そのぶん不正や不祥事が少なくなるよう、取引所に監督されています。

本来なら株主がする監督業務を、株式を一般に売り出す責任として、取引所が代行しているのです。

 

株式を売りに出している(=上場している)からには、期待を込めて、株価を長期的に上げていくよう、企業価値を高めてください。とお願いする権利は、株主にあります。

実際の行動は経営者に委ねられますが、株主は経営者の人事権を持ってます。

人事権を持っているのは、人類最高の権力を持っているに等しいので、たとえ行使しなくても、経営者のストッパーとして期待できます。

経営者、株主、従業員、それぞれの権力のバランス関係で、上場企業なのに株主の権力が小さく、経営者に私物化される企業は淘汰されていくべきでしょう。

権力は偏らず、バランス良く牽制し合う状態でこそ、暴走せず公正さを保てると思います。

 

以上、村上さんの生涯投資家を読んだ感想です。

 

それではまた。

ワクワクする人生

ここ1ヶ月ほど仕事が忙しくて、英語もブログもウェブ作成も進めませんでした。
仕事を言い訳にしてやらなかっただけですが。

精神力を仕事で使ったあとは、たとえ時間があっても気力が湧かないんですよね。
おっさん化が進んでいるのかもしれませんが、疲れるとワクワクを感じにくくなります。

だから、体力と精神力、両方を健全に保つことが、
好きなことを感じる感度があがって、人生を楽しみ続けるコツなんだと考えました。

体力が衰えたら自分の人生を生きる時間が減ってしまいます。
鋼の錬金術師で師匠が言っていたように、
「精神を鍛えるにはまず肉体から」なんでしょう。 

鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)

 

ジムに通って鍛えてる方の気持ちが、ようやくわかった気がします。ジム通いなんて、自分の時間を使ってやるもんじゃないと思ってましたが、体力を維持向上して、将来の自分の時間を増やしてるんですね。
そう考えると、ジム通いも一つの投資です。ジム、通おうかな。

 

将来的にどんな仕事をしたいかと言えば、
好きな時間に自宅かカフェでパソコンをいじる生活にしたいです。

現在のコンサルの仕事も面白いですが、
5年続ける仕事ではないと思っていますし、
パートナーとなって、営業上手になるような未来も考えてません。

ウェブページの作成も、パソコンをいじって生活できる基盤となれば、
ということで学ぼうとしている次第です。

 

 

でも、やる気が続かないから、達成できてないんですよね。
ゆるーくやる気を出しつつ、生活していきたいもんですね。

 

それではまた。

 

 

 

最近の投資

最近、投資(投機)にお金を回してます。

仮想通貨ではRIPPLEとXEM、株ではマックスバリュー九州、FXではトルコリラを買いました。

 

もちろん借金とかはしていません。

でも、日本円で預金してても利息は付かないし、消費税は2%上がるので、何もしなくても預金の2%程度損することになります。

だから、最近は円を最低限持って、他は何らかの投資先に回そうと考えるようになりました。

FXは2年ほど前からやっていますが、スワップ利息を目当てに、3倍程度のレバレッジをかけるくらいにしたら、よっぽどのことがない限り、長期的には損しないようにできます。

 

仮想通貨は、僕にとって完全に投機目的です笑 仮想通貨を使える商取引を誰かがガンガン作って、浸透させてくれたらいいなぁ、と願うばかりです。

 

株は、僕の専門の会計業が絡むので親しみがあります。

マックスバリュー九州の業績を見ると、ざっくり、営業利益20億円、時価総額150億円、有利子負債20億円で、企業価値は200億円弱。そして、営業利益は上昇傾向。営業利益の10倍弱の企業価値で、今後の成長ありと見て、買ってしまいました笑

1単元が20万円弱で、優待5千円、配当3千円も良い情報です。年間8千円をもらいつつ、株価の上昇期待もあるんですから。

赤字会社や、実績と比べて割高な企業には投資してないので、株への投資は今のところ安定してます。2倍以上になったら売り時かなーと個人的に期待しています笑

 

全て長期保有目的なので、短期的な損益に縛られず、ニヤニヤできる日々を待ち臨みましょう

 

それではまた。

 

 

田舎暮らしほど最先端技術が生きる

昨日、田舎の暮らし方に驚いた話を書きましたが、
よく考えたら、田舎ほど、最先端技術によって生活が向上するんじゃないかと考えました。

 

アマゾンなどのネット通販の発達で、リアル店舗以上の種類の商品を注文できるし、
SNSの発達で、遠方地にいる友達の様子がわかったり、連絡を簡単に取れたりします。

今後の技術発展でも、例えば自動運転の利用頻度は田舎のほうが大きいでしょうし、
ドローンの発達で僻地への配送が簡単になると予想されるなど、
都会よりも田舎のほうが、技術発展による生活の変化が大きいんですね。

 

以上、今日の気付きでした。

それではまた。

田舎と都会の暮らしの違い

今日、地元の旧友が東京に遊びにきたので、一緒にランチに行ってきました。

そこで、友達が今住んでる田舎の暮らしっぷりを聞いて生活スタイルの違いに驚いたので、記事にしたいと思います。

 

友達が今住んでるのは、ちょっと大きな買い物をするときに、車で70分かけて街に出るような場所らしいです。

日用品も車で買いに行くしかなくて、当然近くに駅などなく、「車がないと生活できない場所」とのことです。

東京にいれば、車の運転の必要がないので、車生活にかなり衝撃を受けました。。

 

最近では、アマゾンなんかのネット通販があるから、例えば町に本屋がなくてもなんとかなるそうですが、それでも、実店舗に行けないのは、消費する機会が減少してそうで、何か淋しさを感じます。

 

また、驚いたのが、目的地までの距離をkmで表すことです。

東京だと、だいたい電車で目的地へ行くので、目的地までの距離感を所要時間で表すことが多いと思います。

「渋谷から新宿まで10分くらい」のように。

でも、友達は目的地までの距離の表現をkmで表してました。

家から30kmのところに街があって、20kmで病院、70kmくらいで空港がある。

といったように表現していて、僕なんかだと、パッと距離感がわからないんですよね笑

渋谷から新宿って何キロなんでしょうね?家から職場の距離もわかりません。

 

目的地への距離という、本来は生活する上で欠かせない感覚が鈍化したのか、はたまた、鉄道の発達により感覚が進化したのか、両方の見方があると思います。

僕は当分、田舎で暮らせないな、と思いました。つまり、後者の立場です笑

慣れすぎたら、違う生活に抵抗感が芽生えちゃいますねー、車はハードル高いです。乗るだけで移動できる文明機器に甘えます笑

 

将来引っ越して、車生活の場所で暮らす頃には、自動運転が当たり前になってることを願います!

 

それではまた。

1日集中したら頭痛が、、

久しぶりに、本業のコンサル業務が忙しくなってます。

 

朝10時ごろから昼休み、夕休みを挟んで夜12時ごろまで。

昨日は、データを分析できるようキレイに分類する作業でした。

 

はっきり言ってだるい作業ですが、ここをしっかりしておかなきゃその後の作業効率がダダ下がりになることがわかってたので、気合いで乗り切りました笑

久しぶりに集中して仕事をしたら、今朝、頭が痛くなってました。。

データをどう整理するかから考え、実際に整理し終える作業まで、なかなかハードなんですね。

 

今日はそのデータを使って分析をしてます。やっぱキレイにデータを整えてから分析しないと、中途半端な分析になってしまいますしね。

 

土日休みを確保するため、今日はがんばります!

それではまた。